トピックス

大阪府労働関係調査の結果まとまる 平成28年度の特別調査項目は「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」について

 大阪府では、府内事業所における労働条件を把握するため、実態調査を毎年実施しています。
 このたび「平成28年度大阪府労働関係調査」の結果を取りまとめましたのでお知らせします。

【調査対象・回収率】
府内に所在する民営事業所(企業全体の常用労働者30人以上)の中から産業(14分類)、企業規模区分ごとの事業所数割合に応じて6,000事業所を無作為抽出し、調査を実施した。その内1,916事業所(労働者数168,063人)から回答を得た。(回収率:31.9%)

【調査結果のポイント】
◆回答状況
回収率31.9%。
◆雇用形態
非正社員の割合が39.6%。前年比0.4ポイント増。
◆労働時間
正社員の年間総実労働時間についてみると、年間超過実労働時間が増加しているが、年間所定労働時間が減少しており、前年比98時間21分減。
◆休日休暇
週休を2日以上付与している事業所の割合は、前年に比べて正社員、パートタイム労働者ともに増。
◆特別調査
「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)」に関する調査。
半数を超える事業所で、「残業縮減」「時間管理意識の向上」「年次有給休暇の取得促進」に取り組んでいる。

詳細は
http://www.pref.osaka.lg.jp/sogorodo/chousa/list3507.html
をご覧ください。

2017年3月30日

三角アイコン トピックスの履歴に戻る

下の緑のライン